自動車のボディコーティングならGUARD PRO(ガードプロ)へお任せください!東京武蔵村山市を中心に東村山、立川、埼玉、周辺の方お待ちしております。

GUARD PRO

サービス案内

自動車コーティングのGUARD PRO » サービス案内

洗車

純水洗車とは

GUARDPROでは洗車に純水を使用する、純水洗車を導入しています。純水を使用する洗車の最大のメリットは洗車の後にイオンデポジット(水垢)が残りにくいことです。

水道水で洗車をした時や車が雨水などにさらされた後に、残ってしまう白いシミのことをイオンデポジットといいますがイオンデポジットは水に含まれる不純物が乾いた時に生じます。その主な成分は、カルシウムやマグネシウムなどのイオン成分です。従って、水道水での洗車時にイオンデポジットが残らないようにするためにはきれいに乾拭きをしたりエアーブローで水滴を完全に除去しなければなりません。

純水はイオン成分を除去した水なので、拭き取りをしなくてもピカピカの状態に仕上がります(当店ではキチンと拭き取りを行っております)。ただし、純水で洗車をした場合であっても直射日光により高温で蒸発してしまった時には塗装にダメージを与えてしまう可能性があります。

純水での洗車のメリットの二点目は、洗車時に車に小さなキズが付きにくいことです。どんなにていねいに乾拭きをしても水道水で洗車をしているとどうしてもイオンデポジットの白いシミが残ってしまうので汚れをきれいに落とすためについ力を入れてゴシゴシと洗ってしまいがちです。その際に、タオルの繊維や自動車にくっついていた小さなほこりなどが車の表面のワックスやコート剤を傷つけてしまうことがあります。純水での洗車をする場合は、まったく拭き取りをせず(もしくは軽く拭きとるだけ)で洗車が完了するので、洗車中に車を傷つけてしまうリスクを小さくすることができます。また、純水での洗車の結果、コーティングによる光沢が綺麗に見栄えします。

次にイオンデポジットを放置してはならない理由ですが無数の白い水玉模様の斑点ができてしまうイオンデポジットは外見の悪さを気にされる方が多いですが、実はそれ以外にも放置してはならない理由があります。というのも、イオンデポジットは塗装の天敵だからです。
イオンデポジットが形成されると枠が出来上がってしまい雨などの際に水分が溜まりやすい箇所ができてしまいます。そして、特定の箇所に水分が溜まる状態が続いてしまうとウォータースポットやクレーターが生じてしまい、車体のコーティングを侵食してしまうという仕組みです。

ウォータースポット

水滴が、虫眼鏡のレンズのようになり太陽光を1か所に集中させてしまい高温の熱で車体にダメージを与えてしまうもののことをウォータースポットといいます。ダメージにより塗装の色が落ちてしまったり、クリアーが剥がれてしまったりします。太陽光の強さに関係なくウォータースポットは生じるので、季節問わず注意が必要です。

クレーター

ウォータースポットに、酸性の雨や大気中の化学物質などが溶け込んでしまい塗装を侵食してしまっている状態のことをクレーターといいます。
クレーターが生じてしまうと、車体の表面が陥没してしまします。また、鳥のフンによって浸食が生じてしまうこともあります。クレーターが生じてしまうと、セルフでの修繕は非常に困難です。軽度であればコンパウンド(研磨剤)にて修復可能ですが、再塗装をしないと修繕不可の場合もあります。

以上のようにイオンデポジットが発生し放置してしまうと塗装にダメージを与えてしまう要因になってしまいます。そして、その最善の対処法は、イオンデポジットをできるだけ生じさせないこと、そしてイオンデポジットが生じてしまったらできるだけ早めに対処をすることです。

雨の日の運転などの機会を0にすることが現実的に難しい場合もあると思いますが現実的に洗車の頻度を1か月に1度程度洗車をすることでこれらのリスクを減らすことができます。そして、洗車の際にはイオンデポジットの生じるリスクを減らせる純水の使用がおすすめです。

純水での洗車が街中で知られるようになり少しずつ注目度が高まっている純水洗車ですが知識や技能のない人が大人数でゴシゴシと手洗い洗車をしてたり適当に水をかけて炎天下の中、放置しっぱなしの状態など見かけるところもあります。そんな扱いですと大切な愛車にダメージが残ります。

当店ではコーティングに携わるプロのスタッフが1台1台お客様の愛車を丁寧に仕上げますのでご安心して御用命ください。

お問い合わせ・ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

042-520-3156

お問い合わせ

洗車予約

TOPへ戻る